不妊

身近で不妊に悩んでる人の原因と傾向や漢方の仕組みについて

不妊についての傾向や漢方仕組みについて

不妊とは。1人目の出産は無事にできたのだが、二人目の妊娠が出来ず、第一子誕生の母乳期間を終えた時から2年以上妊娠状態に陥れ無い状態の事を指します。第一子に兄弟や姉妹を作ってあげたいと願う親御さんにとっては、長くつらい期間だという事を不妊という言葉を知らない人は知っておいてください。
二人目を授からない原因としましてはいくつか原因が挙げられ、その中で最も多い原因が「加齢による老化」だという事がわかっています。第一子の妊娠から出産まで約一年とすると、その分体も一年以上年を取り、生殖機能が衰えていることが考えられます。
そして、受精を行うために必要不可欠な卵子は35歳ごろから急激に老化が進むことも不妊の原因の一つとして考えられるのです。単純に性行為の回数が減っていることも考えられます。第一子に時間を取られ行為の時間が減り受精する確率が低下していることが考えられるので、一度夫とのペース配分を相談すると解決する例もあるのです。
その他にも、授乳期間中に性行為を行っても妊娠する確率といった話もあり、授乳中は子宮が委縮してしまうので、確率自体が低くなり、妊娠したとしても流産の可能性も高くなるので、この期間はよしておいた方が吉です。

不妊の原因として挙げられる理由とは

不妊が増えている原因として挙げられるのは、出産年齢の上昇と年齢による卵管環境、排卵機能などの変化によるものと言われています。晩婚化や女性が結婚後も仕事を続けていることなどの理由から一人目出産の年齢も上がってきている傾向にあります。また、職場で産休をとっている場合は、一人目を出産後ひとまず復帰してから二人目を考えたり、保育園などの問題もあるので、なかなか二人目を踏み出せないうちに、時間が経ってしまいます。
一般的に30代後半から卵子が老化してきて、妊娠しづらくなる傾向があります。卵子と共に子宮内膜も老化が始まり、内膜の血流も悪くなったり、せっかく精子と卵子が受精してしても、それが子宮内膜に着床できず、妊娠しづらくなってしまうのです。年齢が上がると共に婦人科系疾患にかかる確率も増えてきます。こうした婦人科系疾患はなかなか気付きにくい場合が多いです。婦人科系疾患にかかると卵巣機能不全となり、排卵が起こり妊娠しづらい体質になってしまう可能性が高くなってしまうので、不妊にもつながってしまうと言われています。
また、一人目の妊娠中に増えた体重が戻らない、といったことも原因の1つとも言われています。仕事に復帰をしていたり、一人目の育児などで忙しくしていたりすると、食生活が乱れてしまったり、健康管理がなかなかうまくできなかったりすることも、不妊の原因につながってしまいます。

身近のママ友で不妊の人がいます

私の親戚やママ友になかなか二人目が授からず、悩んでいる人が何人かいます。二人目がなかなか出来ないことを不妊というそうですが、実際にこれに悩んでいる人がいるのであまり他人事だとは思いません。
実は私には二人の子供がいるのですが、二人目のほうが一人目を授かった時に比べて、授かるまでに少し時間を要しました。一人目も二人目も計画的に授かるように計算したのですが、一人目の時は割とすぐに授かれましたが、二人目の時は少し時間がかかりました。私の周りの不妊で悩んでいる親戚やママ友はなかなか二人目を授かることが出来ないので、産婦人科に通っているそうです。今現在はタイミング法を行っているところで、それでも授かれない場合はステップアップするそうです。
不妊の原因として考えられることに、一人目を出産した時よりも年をとっているということが挙げられます。近年は女性の社会進出と共に晩婚化が進んでいて、それと共に出産時期が遅くなってきています。これと共に卵子の老化が進んでしまい、妊娠しづらくなることもあるようです。
私の親戚は一人目を順調に授かったこともあって周囲から「二人目は考えてるの?」など言われることがとてもプレッシャーなようで、不妊について深く漢方で改善するのかを悩んでいます。一人いるから良いということではなく、不妊には不妊なりの悩みがあるんだと強く感じました。

不妊で悩んだら夫婦で話し合いを

一人目の時は順調に妊娠をしたのに、出産から2年以上経過しても二人目を妊娠できない状態が不妊です。そんな不妊になった時に重要なことが、夫婦の話し合いです。不妊になってしまう原因が、一人目の時よりも年齢が上がっていることやホルモンバランスの乱れ、最初の出産の影響などです。ホルモンバランスの乱れというのは、加齢によって起きるだけでなく、日常のストレスによっても起きるものです。 二人目妊娠の原因が、女性側にあると考えすぎてしまうと、そのストレスによってもホルモンバランスが乱れることになります。そのため、悩みすぎないことも大切です。さらに、妊娠というのは男性の協力も必要なものです。不妊は女性側に原因があると考える人は少なくありませんが、一人目が誕生し成長していく間に、男性も女性と同じように年齢を重ねています。 そのため、女性の老化だけでなく、男性の老化が原因で妊娠しにくくなっている可能性もあります。こうした状態を漢方で改善するには、どちらか一方が悩みを抱えるのではなく、まず夫婦で話し合いをすることが大切です。そして、お互いが不妊解消に向けて努力をすることで、妊娠しやすい状態を作ることができます。

不妊かなと感じて半年間子供ができなかったら漢方を試してみよう

年齢や環境によって様々ですが子づくり計画を夫婦で立ててから半年間子供ができなかったら、不妊の可能性があるので漢方薬局へ相談してみる価値があります。なぜなら男性と女性の間で不妊という言葉の重みは違ってくるので、女性は病院に行って検査をすることにそれほど抵抗はありませんが、男性にはハードルが高いからです。その点漢方はテレビコマーシャルなどでも薬の名前に漢方とついていたり、体に優しく西洋医学と違って根本的に日ごろの仕事のストレスや疲労から、本来自分に備わっている健康を取り戻すという東洋医学のイメージで日本人にとって身近であり、不妊治療のイメージが薄いです。夫の機嫌を損なわず、ストレスをためないで夫婦の心が守られながら子供を授かっていくことは理想的であると言えます。その効果においても特に東洋人においては長い歴史があり実証されているため、必要以上に摂取しすぎなければ害になることはなく、むしろ妊活自体が自分の健康を取り戻す素晴らしい時間になります。西洋医学ではどうしても薬や注射の多用によって体調を崩したりしますから、妊活の初期段階で産婦人科に行って女性だけでも検査をして特に大きな原因がなければ、夫には私たちの赤ちゃんが健康に生まれるように私たちが先に健康になりましょうと前向きに伝えながら、まず漢方薬局を夫婦で訪ねてみるのが良いでしょう。

● choices post ●

意外と多い二人目不妊

不妊に悩む人が多い昨今ですが、無事に妊娠出産し、育児を楽しんでいるように見える人が、意外にも二人目不妊に悩んでいるというケースは多いものです。ではなぜ一人目がすんなり出来た人も二人目不妊に陥ってしまうのでしょうか。それは、一人目を妊娠したときよりも、明らかに卵子が老化しているからです。…

▶ READ MORE...

二人目不妊の原因に気付いてますか?

二人目不妊の原因について、様々な事があげられると思います。例えば1人目の子供の育児に忙しくて、子作りに関して夫婦のタイミングが合わない、気持ちに余裕がない。妻の生理が安定しない、夫の生活リズムが安定しない。経済的な事を考えると何かと不安に感じてしまう、子作りの事で頭がいっぱいになってしまう。等…

▶ READ MORE...

二人目不妊を克服するために大切なこと

二人目不妊で悩んでいる人は増えています。そういった人に対して、克服できる可能性をアップさせる方法があります。不妊の原因にはさまざまな要因がありますが、ホルモンバランスを改善することが妊娠しやすい体質へとつなげる近道と言われています。日頃の生活を見直すことでホルモンバランスの崩れを改善することで…

▶ READ MORE...

悩みを共有できる仲間に相談する

グローバルな社会になりつつある現代、とはいえ結婚して1人目の子どもができると、すぐに次は?と言われてしまうことが多いですよね。妊娠出産は、映画やテレビなどで神秘的なものとしてよく取り上げられるので、大抵はすごいこと、という認識でしょう。でも、本当に奇跡の連続であるということはなかなか理解しても…

▶ READ MORE...

TOP